現在の葬儀について感じたこと

現在の葬儀について感じたこと

現在は家で葬儀をする人はいなく、葬祭会館で行うのがほとんどです。

 

葬祭会館だと葬儀の進行は葬祭会館の職員が行いますので、隣組の手伝いは
葬祭会館によっては、帳場だけの場合しかないようです。

 

そのためか地域の風習は無くなりつつあるのでしょう。

 

自宅での葬儀は隣組の人がほとんど葬儀を仕切っていましたので、
風習が伝わっていったのではないでしょうか。

 

それが新興住宅地ですと葬儀の風習がないため葬祭会館に
任せるしかないようです。

 

葬儀の後の火上げの食事でも、自宅葬の場合は隣組の人が
終わりにするまで、親戚は帰れなかったのですし、喪主が食事会を
終わらせる事は出来なかったのです。

 

現在は葬祭会館で行うため葬祭会館の職員は隣組の人が
わかりませんので、喪主に終了するように言ってきます。

 

ある程度の時間が経ったら帰るようにすることです。

 

何時までもいると会館の職員に嫌がられます。

 

現在の葬儀はほとんど葬祭会館で行うので、葬祭会館の
職員の支持通りにやるのが、無難だと思います。

 

葬祭会館ですと宗教や宗派が異なっていても対応できるようになっています。

 

葬儀を振り返ってみて

 

現在は、御香典を受け取らない家庭が増えてきています。

 

我が家は田舎の為、祖父母ともに御香典を受け取りました。

 

が、お返しが大変なんです。もちろん田舎ですので商品券ではなく、
消耗品が喜ばれるんです。

 

盛り籠もたくさん頂き、お葬式のあとに親戚の方にも持って
帰ってもらうのに、仕分けしたりなど、お葬式が終わってからが、
大変な気がします。

 

両親が共働きのため、限られた時間で全てをやるのは
大変なことです。

 

祖父の時は、父が火葬のスイッチを押さねばなりませんでした。

 

父は、どんな思いをしたのかは聞くにも聞けずにいましたが、
かなりの責任重大任務です。

 

祖母の時も同じ火葬場でしたが、祖母の時は父がスイッチ
押すことなく、係の方が押していました。

 

もちろん父にとっては両親ですが、祖母がなくなった時に
涙を流していたのを今でも覚えています。

 

父親と母親では、やはり母親なのかなと思わされる一面で、
きっと祖父の時と同じ父がスイッチを押さねばならなかったら、
スイッチ押せなかったのではないかと思います。

 

そして、小さなお葬式などの情報を確認してみたい
と言う方は、小さなお葬式のクレームなどをご覧くださいね。