お葬式と笑い

お葬式には、意外と笑いが落ちている!?

お葬式には、意外と笑いが落ちている!

 

こちらの小さなお葬式のクレームを見て
葬儀社を決めたのですが・・・。

 

お葬式は、故人を忍び、悲しみや別れの辛さ、寂しさなどを
参列者みんなで共有したり、故人へ思いを馳せる場だと思います。

 

その場では、うつむいて込み上げる思いに耐えている人、
涙を流している人、実感がわかず呆然としている人など、
様々な人がいます。

 

お葬式には、沢山の悲しみや故人への思いが集まる為、
重い空気や暗い空気になることが往々にしてあります。

 

しかし、そんな場だからこそ、普段なら見落としてしまうような、
ちょっとしたことでも、可笑しいと感じてしまうものなのです。

 

絶対にしてはいけないことなんですが、込み上げてくる笑いが
抑えられなくなってしまうなんてことも良く聞きますよね。

 

実際に私も、これまでに2回ほど、お葬式の場で笑いが
止まらなくなってしまった事があります。

 

2回とも身内のお葬式だったので、まだよかったのですが、
これが身内ではない人のお葬式だったら、最低だなと自分でも思います。

 

私が笑いが止まらなくなってしまったエピソードなんですが、
後から聞くと、なんてことない話なんです。

 

でも、あの独特の空気の中だと、なぜか笑っちゃうんですよね。

 

本当に近しい身内の葬儀だったので、嗚咽が出るほどに
号泣しているにも関わらず、それでも笑っちゃうんですよね。

 

不思議です。

 

逆に、参列する側の人も、お葬式となるとマナー違反を
しないように気を付けたり、慣れない場で緊張したりするから、
普段ならしないような行動や失敗をしてしまうのかなとも思います。

 

お葬式の場では、身内の方や近しい方々に失礼になるような行動は
控えなくてはいけません。

 

もちろん笑うなんてもっての他ですが、後からこんなことがあったと、
笑い話にできるようになれればいいのかなと思います。

 

その話をする度に、故人の事を思い出すこともできますし、
故人との思い出話をするきっかけになるかもしれません。

 

私は、自分がそういう経験をしているからこそ、自分の身内の葬儀で
こんなことがあったとしても、それは「笑って」許してあげたいなと思います。